スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日(長文です)

 パオちゃんに一体何が起きたのか、なかなか記事にできなくて 
 書いては消し、書いては消し‥‥‥
 
 なんとか記事にできました。

 
 

 2月28日、3月1日は福岡の猫友さんの所に遊びに行っておりました。

 ここ何年か、夫婦で泊まりでのお出かけは控えておりましたが
 今回は旦那にお留守番を頼んで出かけたのでした。


pao110307


 ↑ 2月27日、膝の上で甘えるパオちゃんです。

 この日も上の階まで階段上がってトイレに行ってたんです。
 いつものように甘えても来たし、伸びもしてた。

 でも、「ちょっと食欲が無いかな?」と、言う感じでした。

 しかし、高齢になってから少しずつ何回かに分けて食べていたし
 そんなに心配はしてませんでした。



 
 ところが、
 1日の12時21分
 
 「パオちゃんは何も食べません、お風呂まで水を飲みにいけなくなりました
  早い便で帰ったらどうでしょう?」

 と、旦那からメールが入ったのです。

 その時、私は友達の車の中で
 友達の用事が済むのを待っていた所でした。

 慌てて旦那に電話をすると
 飛行機の時間を調べておいてくれて
 13時15分の便には間に合わないだろうから
 14時15分の便なら急げば間に合うかも‥‥
 そのあとは16時過ぎしか無い‥‥と‥‥‥。

 一人、車の中で
 「飛行機より新幹線の方が速く着くかもしれない」
 時間の計算をガーーーーッとしてました。

 そして、友達に電話しました。

 「パオちゃんが動かなくなったって」

 友達は用事もそこそこに走って車に戻って来てくれて
 私よりも取り乱している感じでした。

 私は友達に飛行機の時間の説明をして
 心の中で
 「泣くな、ここで泣くな、とにかく一番早く家に着ける方法を見つけろ」
 と、考えていました。

 幸い友達の家は空港の近く
 荷物を取りに戻って、空港に向かいました。

 友達「車で待っている!新幹線の方が早ければ、JR博多駅まで送るから」

 私 「わかった!!」

 「泣くな、泣くな」と、思いながらカウンターへ走りました。
 
 
 

 私 「一番早い便に乗りたいんです!!」

 係員「今ですと13時15分がございますが‥‥‥」

 私 「乗れますか?!」

 係員「お預かりするお荷物はございますか?」

 私 「有りません!!」

 




 友達と、旦那に
 
 「13時15分に乗る!!」と、電話して、係員と走る走る!!




 
 飛行機の席に着いて間もなく定刻に離陸

 15時半頃、帰宅。
 (もう少し早かったかもしれません、ハッキリ覚えてないです)







 パオちゃんは苦しそうでも痛そうでも無く
 「立てなくなっちゃった」
 と言う感じでこっちを見ていました。

 「パオちゃん、帰って来たよ!!わかる?わかる?」

 撫でてあげると気持ち良さそうな顔をしますが
 撫でるのを止めると「撫でろ」と訴える。

 いつもだったら声を出して訴えるのだけど
 声は出せず、私の手に手を伸ばしてくるのでした。

 それから、ずっと撫でながら話しかけ
 2日、午前1時、心臓が止まりました。
 その後、フーーッと息を大きく吐いて逝ってしまいました。



 ☆ パオちゃんへ ☆

 20年と6ヶ月
 いろんな事が有ったねぇ。
 いつもそばに居てくれた。
 私の調子が悪いと一緒に調子悪くなっちゃったりしてね‥‥
 居ないなんて思えないよ‥‥

 心にポッカリ穴があいちゃったみたいだよ。




 待っていてくれてありがとう。
 ちゃんと、お別れを言わせてくれてありがとう。



 あのね、
 
 もう生まれ変わってこなくていいからね
 そっちで待っててください。

 お母さんは、もう少しやる事が有るんだよ
 両親を看取って、旦那を看取って
 プーもネオも、ちゃんと見送らなきゃね。

 それが済んだら、そっちへ行くから
 こっちへ戻ってこないでね
 

 この前、パオちゃんへのお供えだと思ったネズミ‥‥‥
 
 あれが私への貢ぎ物だったとしたら意味が全然違ってくるよね
 
 「次は私の子をお願いします」とか
 お腹に赤ちゃんが居るニャンコからの私への貢ぎ物でない事を祈ります。




 

 最後まで読んでくれた方
 
 ありがとう、ありがとう。

 1週間経って、やっと記事にする事ができました。

 パオちゃんも空から「ありがとう」と言っていると思います。

 ありがとう



 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。